意外にも知らないことが多い法の問題

例えば、母子家庭では、児童扶養手当や住宅手当の制度が活用でき、最低限の生活すら難しい場合、生活保護も受けることができますが、法の制度を知る人は少ないようで、様々なトラブルを解決するにも弁護士を含む、その道のエキスパートに相談するのが利得です。例えば、夫婦問題では姓が変わったり、旧姓に戻ることもあります。親権を得た場合、当然、子の姓も変わるイメージですが、子の氏の変更許可を得る必要があることを知る人は少ないようです。戸籍も、親権を持つ親との姓にした上でなければ入れません。また当然ながら、親権者が決まっていないと離婚届も受理されず、基準に対して有利な状況であることを主張します。子が幼い間は、母親に親権が得られやすいため、弁護士を必要とするならば、獲得が難しい父親側で、不利とならないメリットで対抗してくれますし、面会交流の権利を獲得させるなど、主張してくれます。できるだけトラブルを避けたいもので、離婚アドバイザーも法律事務所などに籍をおいていますし、なるべく多くの養育費を獲得するためのライフマネーに関しての知識にも優れているのは法律家のなせるワザです。