法律家に任せたい夫婦のお金の問題

法律の疑問点として、様々なお金の問題が挙げられますが、慰謝料の相場というのも家庭問題によって異なります。例えば、弁護士が解決する内容には、離婚問題がありますが、その時の慰謝料の相場は200万円ほどですが、やはり、精神的苦痛の大きさでも異なります。DVやモラハラも法律で裁くことが可能で、300万円ほどです。同じように、財産分与に関しても、後々トラブルが起こりやすい貢献度の問題もあります。通常、2分の1の分割ですが、夫婦としての期間が長くなればなるほど、財産分与の対象も増えます。現金はもちろん、不動産や株、年金や退職金も対象ですが、相手名義の不動産に関して対象なのか、また仮に、共同して作った借金も対象なのか、一般人には理解不能なことも多数あります。法律上、マイナスの財産として財産分与に含まれますし、ギャンブルなどで勝手に作られた借金も同様です。共働き、夫婦共に家業をしている、専業主婦の場合などによっても分与の割合が変わってくるため、しっかり分けたい場合には弁護士を介入させるのがオススメできます。専業主婦の場合、十分な収入を得ることが難しい場合もあり、様々な制度を設けているため、巧みに使って戦略を練ってくれます。